「片付けたい」「誰かに使って欲しい」「どうすれば捨てれば良い?」

そんなお困りの方に女性の目線でのお手伝い作業を行うために、2015年に独立し4期目を迎えました。

「実家の片付け」「生前整理」「空き家整理」「遺品整理」など、終活や不動産売買時には片付けという作業が待ち受けています。部屋中の大量のモノを前にし「どこから手をつけたら良いのか?」と途方にくれる方も少なくありません。そんな100人いれば100通りのお片付けを、お客様と一つ一つ確認しながら、作業を行い部屋の中を空にするまでの実務作業をお受けしています。

ご依頼者様の中から「捨てるに忍びない、誰かに使って貰えないか」との声を多数お聞きし、今は古物商としてリユース買取りだけでなく、チャリティショップや輸出、海外医療協力会への寄付、リメイク素材やアップサイクルとして再利用し、廃棄物を減らす取り組みを行っています。

 また家の片付けをする際は、適正処理や分別しどう捨てるか?も大事ですが、貴重品や愛着品の仕分け作業が何より大切です。捨てられてしまった、捨てなければ良かったとならない為に、大切なモノをしっかりと継承していき、役目の終わったモノを手離していく判断が必要です。弊社ではお客様の資産や権利を守るために、現場での貴重品や書類の仕分け作業を行い、女性ならではの視点で安心と正直さ透明性を高く持つ事をモットーに、お客様や関係者の皆様のお役に立てるように日々活動しています。

ご利用頂いたお客様からは「一緒に片付けてくれて心強かった」「見積もりの透明性と細やかな報連相」「片付けの時間が思い出の時間になりました」「環境への影響を十二分に配慮している」とたくさんの嬉しい声を頂いています。

また、地域包括支援センターでの終活整理や片付け講座の機会を多数頂き、シニアの方の片付けの意識が年々高くなってきている事を感じます。地域包括支援センターの方との交流は地域貢献や地域支援の意識が必要な事を感じさせて頂いています。

その他にも責任ある消費など循環利用型社会推進のセミナーにて講師の機会を頂戴しています。

今後も捨てるモノを誰かの役に立つような手離し方を推進し、アップサイクルや環境問題への啓発などのイベントやワークショップを行い、環境と人とモノを繋ぐ信頼のサービスを繋げて参ります。

お困りの事、ご心配な事がある方は、お気軽にご相談ください。

プロフィール

会社名 アメイジー株式会社
代 表 古川(こがわ)めぐみ
住 所 〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘1-13-10-107
電 話 045−624−8272 FAX:045-624-8273
Mail info@amazy.co.jp
H P www.amazy.co.jp
法人設立 2015年12月
古物商 神奈川公安委員会 第451450016922号
講演実績

・終活お片付け講座「元気なうちにお片付け」他、捨て方手離し方講座
(地域包括支援センター2018年13箇所)他

・︎「女性目線で取り組む遺品整理片付け事業」
(NEW環境展、2018年5月東京ビックサイト)他

・ SDGs【12:責任ある消費「使う責任」を考える】
(インターアクトクラブ2017年12月於:横浜)他

大学院特別講師

法政大学院公共政策学2016年12月
「責任ある消費、環境問題をお片付けから考える」於:法政大学院市ヶ谷